ほんとうに考えてから必要なことを行うこと


認知症が脳の病変を原因とする病気であれば進行する確率が高いという話。一夜にして認知症になることなど現実には一夜にして認知症になることはありませんが、一番怖いのが、普段からどんなヒビをクライしているのかで大きく変わると言われています。

その原因としては入院だと言われている。入院すると発病に急性期の激しいおとなしいことをしていることで、だれともコミニケーションを取らない。こういったことを日々の生活の中で繰り返していることで、どうしても起こってしまうんだって・・・・

一番大切なのが環境を変えないということ、すると住み慣れた自宅の天井や壁の代わりに見慣れない病院になり、老人は自分を確認するためになれた場所に動きまわり、ゴソゴソ動くと看護師によって手や足を芝られてしまい、体が動けない状態になる・・・これほど悲しいことはないわけであり、これから先のことを考えると本当に怖おい事になるはず。

入院に至った無数の老人が認知症になり、本当に悲しいことになると言われているために、本当にたらいことにならないために、必要なことを考えてからちゃんと行っておくことが重要になると思います。


[PR]
by esrfkz | 2016-04-19 16:00


なんとかしないとね


by esrfkz

プロフィールを見る

その他のジャンル